忍者ブログ

13  12  11  10  9  8  7  6  4  5  3 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子供って、ぎゃーぎゃー騒ぐのは仕方がないとする。

ところが、公共の場でそういう事態に遭遇した場合、遭遇させられた方はどういう態度をとっていいのか困ってしまう。
例えば、電車の中とかレストランとかを想定してみてください。
場所をファミリーレストランとします。
美味しい食事に行って、注文したときに近くの席で子供が泣き始めます。
レストラン全体がその子供の泣き叫ぶ声に包まれています。
親があやしてはいるものの子供の声は一層大きさを増していきます。
子供の声は、もはや、絶叫とか悲鳴に近くなり、まわりの人もうるさいなあという雰囲気になってきています。
当然、食事なんか美味しさなんてすっ飛んでしまいます。

レストランは公共の場であって、適切な雰囲気のサービスを提供する義務があります。
この場合、店員がその子供の親に向かって注意を喚起しないのは、明らかにレストラン側の義務違反です。
お客はお金を支払っているからには、それに見合った適切なサービスを受ける権利があるからです。
店員の取るべき態度として

「お客様、他のお客様の迷惑になりますので、少しの間外に出てもらえないでしょうか」

そう言っても出てもらえない場合は、厳正な態度をもって

「お金はお返ししますからお引き取りください」

と言うべきでしょう。

「こっちはお客なんだぜ」

なんで開き直っても、

「そんなお客ならいりません」

と答えるべきです。

「なにい!」

なんで暴力でも振るわれたら、速攻110番通報すべきでしょう。
これは市民生活のルールです。

なぜ、そんなことを言うかといえば、本日入ったファミリーレストランで似たようなことがあったからです。
子供連れの親子が昼真っからワインなんかを飲んでいたのですが、子供が騒ぎ始めて、見れば母親が制するわけでもなく、父親ももてあまし気味で、ようやく父親が子供を連れて外に出ようとした矢先、近くにいたカップルの男性が一言二言文句を言ったのに端を発し、表に出ろのなんやかやの挙げ句の果て、あろうことかその父親、文句を言ったお兄ちゃんの髪の毛を掴んだところで、やっと店員の登場となったのです。
こんなとき、周りのお客というものは当たらす触らずで、当事者は自分でなくてよかったなんて思っているものです。
気の毒なのは、彼女の前で髪の毛を引っ張られたお兄ちゃんで、わたくしはやっぱりその場で店員が110番通報で蹴りをつけたらよかったと思うけど、そういうマニュアルないのかしらね。
少なくとも、お兄ちゃんカップルの飯代くらいはタダにすべきでしょう。

問題は近頃こういう馬鹿親がとてつもなく多いということです。
政府が「美しい国日本」を唱えたところで、この有様はいかがなものか。
自分の子供くらいはきちんと躾けなければいかんでしょう。
子供が騒ぐのは仕方ないにしても、親が取るべき態度としてはいかにも美しくない。
仮に、このお兄ちゃんが恐ろしく劣情型の人間であったならば、手にしたフォークで違うことになったのではあるまいか。
そんなことやあんなこと、しばらく里帰りしてきたわたくしには都会があまりにも刺激的に映ったのでした。

もちろん、わたくしにそんなことがあったなら
ライダーキックは当然です(古っ!)



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
有末剛
性別:
男性
職業:
緊縛師
趣味:
縄作り
バーコード
ブログ内検索
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]