忍者ブログ

11  10  9  8  7  6  4  5  3  2  1 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

荒井美恵子主演 原作団鬼六、石川均監督「縄と肌」
撮影は無事終了いたしました。

なにせ当日は六時一分の小田急線急行で新松田まで行き、御殿場線に乗り換えて足柄へ。
早朝四時に起きるなんて、冗談でしょ。
しかも、新松田での乗り換えが五分しかない。それも、電車がホームの先に止まってるし、乗り換えの人が逆流してくるし、やっとのことで乗った瞬間にドアが閉まって、電車はGO!
「世界の車窓から」だったら、もっとゆっくりしてるじゃない。

さらに、ホームに取り残された日本のポルノの草分け的存在の俳優
野上さん。みるみる内に引き離されていく。
野上さんがいかにすごいかは、わたくしですら物心ついたときから知ってるくらいです。コミカルで味があって、人の良さそうなおじさんのイメージがありました。
でも、現実の野上さんは年齢にふさわしいおじいさんでした。
そんなおじいさんを置いてきぼりにした御殿場線はお仕置きです。
だって、最初の出番は野上さんなんですから、くるまで現場は始まりません。

でも、さすがは名優の野上さん
老画家の役は素晴らしいものでした。
荒井美恵子さん相手に早朝の艶場面
高齢者になっても艶っぽいことやれるなんていいですよね。

わたくしも80になっても女性を縛ったりして、そのときだけ正気になって「昔取った杵柄」とか訳分からんこといっちゃったりして、現場の迷惑だろうなあ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
有末剛
性別:
男性
職業:
緊縛師
趣味:
縄作り
バーコード
ブログ内検索
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]